都立中高一貫校のはてなブログ

このブログは、ごく普通のサラリーマンが子どもの都立中高一貫校の受検にまつわる「?はてな」について語るブログです。2019年に都立中高一貫校に合格しました。

広告

<2019年>都立白鷗高等学校附属中学校|学校情報・特徴・入試データ・適性検査内容・内申点・大学合格実績|

東京都立白鷗高等学校附属中学校の学校情報、教育活動の特徴、入試データ、適性検査の内容、内申点について調べてみました。

 

 

f:id:tetsutylor:20190327164635p:plain




都立白鷗高等学校附属中学校の学校情報

◆基本情報

住所 〒111-0041  東京台東区元浅草3丁目12番12号
電話 03-5830-1731
アクセス
  • 新御徒町駅(都営地下鉄大江戸線、つくばエクスプレス)から徒歩10分
  • 田原町駅(東京メトロ銀座線)から徒歩12分
  • 蔵前駅(都営地下鉄大江戸線・浅草線)から徒歩12分
  • 御徒町駅(JR 山手線)からバス5分+徒歩2分
沿革 東京初の府立高等女学校として1888年に創立し130年余り
生徒数 前期(中学):358名 後期(高校):589名

 

◆教育活動の特徴

進路

指導

①国語、英語のプレゼンテーション能力の育成 ②アクティブラーニングの推進

③難関国公立大にチャレンジする「チーム難関」の設置

 伝統  ①授業「日本文化概論」 ②部活「長唄三味線など」③行事「浅草流鏑馬」  
 ICT

情報機器の積極活用

 指導

チューターの有効活用

国際

理解

①3年末までに英検準2級90% ②海外派遣プログラム(語学留学・語学研修)

③東京都英語教育推進校 

 

白鷗中は、これまで中学と高校の併設型中高一貫校として運営されてきていましたが、施設整備の状況を見ながらになりますが2021年度以降に高校の受け入れを停止することが決定しています。

これにともない、中学からの募集人員が増加します。

これまで以上に、中高一貫校のメリットである6年間を通した教育が強化されていくことになります。

 

◆白鷗の2019年度の大学合格実績

東京大 3名 一橋大 3名 東京工大 1名 早稲田大 27名 慶應大 15名 上智大 5名 東京理大 11名 学習院大 6名 明治大 33名 青山学院大 17名 立教大 24名 中央大 28名 法政大 32名 医学部 9名

 

白鷗の過去の入試データ(2015年~2019年)

募集人員

年度 2015 2016 2017 2018 2019
79 76 78 66 66
75 72 73 68 68
154 148 151 134 134
 
応募者数
年度 2015 2016 2017 2018 2019
443 382 390 411 395
581 598 556 547 537
1024 980 998 958 932

受検者数

年度 2015 2016 2017 2018 2019
434 368 378 394  380
563 580 536 520  515
997 958 914 914  895

合格者数

年度 2015 2016 2017 2018 2019
79 76 78 66 66
75 72 73 68 68
154 148 151 134 134
 

実質倍率

年度 2015 2016 2017 2018 2019
5.49 4.84 4.85 5.97 5.76
7.51 8.06 7.34 7.65 7.57
6.47 6.41 6.05 6.82 6.68

  

 白鷗の適性検査内容と内申点の計算方法

 

過去の適性検査スケジュール(2019年度)

出願受付 平成31年1月10日(木)から1月16日(水)まで
適性検査日 平成31年2月3日(日)
合格発表 平成31年2月9日(土)午前9時から

 

 

適性検査の時間割

集合時間 午前 8時30分    時間
適性検査Ⅰ 午前 9時00分~午前 9時45分    45分
休憩 午前9時45分~午前10時15分   30分
適性検査Ⅱ 午前10時15分~午前11時00分   45分
休憩 午前11時00分~午前11時30分   30分
適性検査Ⅲ 午前11時30分~午後 0時00分   30分

適性検査Ⅰと適性検査Ⅱは45分、適性検査Ⅲは30分です。 

 

白鷗の適性検査の特徴

適性検査 問題 出題の傾向
適性検査Ⅰ 独自問題

白鷗独自の問題です。

文章読解と作文の組み合わせです。

適性検査Ⅱ

共通問題

都立中高一貫校10校共通の問題が出題されます。

適性検査Ⅲ 独自問題 白鷗独自の問題です。昨年度から導入。

 

白鷗の適性検査の得点と内申点の割合

得点 適性検査Ⅰ 適性検査Ⅱ 適性検査Ⅲ 内申点 合計点
  素点 100点 100点 100点 320点  ー
換算点 300点 300点 200点 200点 1000点

 

・適性検査Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの得点は100点満点で計算され、ⅠとⅡは3倍に、Ⅲは2倍に換算されます。

・内申点は320点満点で計算され、0.625倍の200点満点に換算されます。

・最後に、適性検査の得点と内申点を合計した1000点満点の得点で合否が決定されます。

 

白鷗の適性検査問題

著作権確認中

 

白鷗の内申点(報告書)の計算方法

教科 5年内申点 6年内申点
3(優) 2(良) 1(可) 3(優) 2(良) 1(可)
国語   20   10    5   20   10    5
社会   20   10    5   20   10    5
算数   20   10    5   20   10    5
理科   20   10    5   20   10    5
音楽   20   10    5   20   10    5
図工   20   10    5   20   10    5
家庭   20   10    4   20   10    5
体育   20   10    4   20   10    5
合計     160     160
満点          320


内申点は小学校5年生の成績(報告書)を160点、6年生のときの成績を160点、合計で320点満点で計算されます。

内申点は320点満点で計算され、0.625倍の200点満点に換算されます。

 

広告

プライバシーポリシー お問い合わせ