都立中高一貫校のはてなブログ

このブログは、ごく普通のサラリーマンが子どもの都立中高一貫校の受検にまつわる「?はてな」について語るブログです。2019年に都立中高一貫校に合格しました。

広告

<2019年>都立武蔵中の適性検査問題・解答・解説を無料公開!2017・2018年分

東京都立中高一貫の東京都立武蔵高等学校附属中学校が2019年の適性検査の問題、解答、解説を無料で公開してくれました。

 

2019年2月3日に行われた、最新の適性検査の問題が早くも公開されています。

 

東京都立武蔵高等学校附属中学校 2019年適性検査出題基本方針

適性検査Ⅰ問題用紙

適性検査Ⅰ解答用紙

適性検査Ⅱ問題用紙

適性検査Ⅱ解答用紙

適性検査Ⅲ問題用紙

適性検査Ⅲ解答用紙

適性検査ⅠⅡⅢ解答例・解説

 

2019年の武蔵の適性検査Ⅰは共通問題です。

それまでは論説文だったのが、インタビュー形式の会話文になっていたり、登場人物の考えを解答させたりという変更だったので、戸惑ってしまった受検者が多かったかもしれませんが、文章自体は易しい内容でした。

 

適性検査Ⅱについては例年と大きな差はなく、資料から情報を素早く読み取って解答するという能力が求められています。

武蔵独自の問題が含まれており、会話文とグラフを見比べて素早く解答する能力が求められました。

難易度は例年並みという感じです。

 

適性検査Ⅲについては武蔵の独自問題です。

大問1は「図形の切断」についての問題。これは都立中高一貫校の適性検査ではよく見られるタイプの問題だったので、絶対に落としてはいけない問題でした。

大問2は「クロマトグラフィー」を使った実験の問題でした。こちらは内容をその場で理解できるかどうかが問われる問題で、少々難しかったのではないかと思います。

 

2019年についてはこのような出題でした。

 

自宅で模試の代わりとして解いてみるなら、ちゃんと解答用紙をプリントアウトして解くことをお勧めします。

 

というのも、出題自体が解答用紙のマス目を使って解答する問題になっているので、それがないと解きづらいです。

 

また、本番と同じ環境で解かないと模試の効果としては半減してしまうと思うからです。

 

さて、武蔵では、2017年、2018年と、過去2年分の適性検査の問題、解答用紙、解説が無料で公開されているので、過去問集などは買わなくてもいいかもしれません。

 

平成29年・30年度 適性検査問題 | 東京都立武蔵高等学校附属中学校

 

ただ、10年分くらい解いておけば、武蔵対策としては完璧なので、徹底してやりたい!という方には以下の過去問集をお勧めします。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

武蔵中学校 最近10年間入試傾向を徹底分 (平31)[本/雑誌] / 東京学参
価格:1998円(税込、送料別) (2019/3/17時点)

楽天で購入

 



また、都立中高一貫校の適性検査は各学校ごとの特色は薄いので、いろんな学校の過去問をまんべんなく解いておくことをおすすめします。

 

その方が、万が一、本番で傾向が変わったとしても対応する本番力が身につくからです。

広告

プライバシーポリシー お問い合わせ