都立中高一貫校のはてなブログ

このブログは、ごく普通のサラリーマンが子どもの都立中高一貫校の受検にまつわる「?はてな」について語るブログです。2019年に都立中高一貫校に合格しました。

<2019年>都立小石川中の適性検査問題・解答・解説を無料公開!2017・2018年分も掲載!

東京都立中高一貫の東京都立小石川中等教育学校が2019年の適性検査の問題、解答、解説を無料で公開してくれました。

 

2019年2月3日に行われた、最新の適性検査の問題が早くも公開されています。

 

東京都立小石川中等教育学校 2019年適性検査出題基本方針

適性検査Ⅰ問題用紙

適性検査Ⅰ解答用紙

適性検査Ⅱ問題用紙

適性検査Ⅱ解答用紙

適性検査Ⅲ問題用紙

適性検査Ⅲ解答用紙

適性検査ⅠⅡⅢ解解答例・解説 

 

 

 

2019年の小石川は、適性検査Ⅰは共通問題です。今年はそれまでのちょっと難解な論説文から、インタビュー形式の会話文になっていたので、文章自体は易しくなっていた印象です。

どちらかというと私立でも出題されるような形式だと思うので、私立と併願することが多い小石川の受検生にとっては苦にならなかったのではないでしょうか。

 

適性検査Ⅱについては例年と大きな差はなく、小石川の独自問題としてハードな計算問題が出題されていました。

ここが過去問をどれだけやりこんだかが試される絶好のポイントです。

 

適性検査Ⅲについては、大問1が理科、大問2が数学という小石川らしい出題で、ここも過去問のやりこみ具合が試されるところだったと思います。

また、大問2が昨年に続いて「図形の折り方」だったので、ここも対策をしている子には有利だったと思います。

いずれも問題はやや易しくなっていた印象でした。

 

2019年についてはこのような出題でした。

 

自宅で模試の代わりとして解いてみるなら、ちゃんと解答用紙をプリントアウトして解くことをお勧めします。

 

というのも、出題自体が解答用紙のマス目を使って解答する問題になっているので、それがないと解きづらいです。

 

また、本番と同じ環境で解かないと模試の効果としては半減してしまうと思うからです。

 

さて、小石川では、2017年、2018年と、過去2年分の適性検査の問題、解答用紙、解説が無料で公開されているので、過去問集などは買わなくてもいいかもしれません。

 

平成29年・30年度 適性検査問題 | 東京都立小石川中等教育学校

 

ただ、10年分くらい解いておけば、小石川対策としては完璧なので、徹底してやりたい!という方には以下の過去問集をお勧めします。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

都立小石川中等教育学校(平成31年度) (中学校別入試問題集シリーズ)
価格:1998円(税込、送料無料) (2019/3/17時点)

楽天で購入

 

 

 

また、都立中高一貫校の適性検査は各学校ごとの特色は薄いので、いろんな学校の過去問をまんべんなく解いておくことをおすすめします。

 

その方が試験当日の傾向変化にも対応する本番力が身につくからです。

プライバシーポリシー お問い合わせ