都立中高一貫校のはてなブログ

このブログは、ごく普通のサラリーマンが子どもの都立中高一貫校の受検にまつわる「?はてな」について語るブログです。2019年に都立中高一貫校に合格しました。

広告

都立学校 Office365利用のオンライン学習サービス導入 Classiから切り替えか

東京都教育委員会は、日本マイクロソフト「office365」を利用したオンライン学習支援サービスを全都立学校に早期に導入すると発表しました。

 

これまでは、ICTパイロット校として、一部の都立学校に先行してハード、ソフト両面のICT環境整備を進めてきていました。

 

この取り組みは、2020年(令和2年)11月から全都立学校に導入する予定で進められてきていましたが、新型コロナウイルス感染症による休校の長期化をうけ、大幅に導入を前倒しするそうです。

 

目途としては、5月中旬からということでしたので、すでにどこかの学校では導入されているかもしれません。

 

f:id:tetsutylor:20200604225256j:plain

目次

 

Office365を利用した学習とは

マイクロソフトが提供するOffice365には、以下のようなサービスがあります。

 

・Microsoft Teams:課題の配信、提出物・評価管理、Web会議等

・Microsoft OneDrive:オンラインストレージ

・Microsoft OneNote:共有や共同編集等が可能なデジタルノート

 

これらのサービスを使って具体的には、以下のような取り組みを行うとのことです。

 

①児童・生徒への課題の配信、回収

②学級会活動やホーム・ルーム活動の実施

③双方向による個別・集団による学習指導の実施 

 

これ以外にもやれることはたくさんありますが、あとは使う側の問題、つまり、各学校とその教師によるということになるため、使いこなす学校と、そうでない学校とで差が出てくると思われます。

 

広告

 

 

Classiはどうなってしまうのか

 

現状、多くの学校で導入されているのは、ベネッセとソフトバンクが展開するサービス「Classi」です。

 

ただ、この休校期間中、ログインできない、使いにくいなどかなりの数の不評が聞こえてきていました。

 

Office365が導入されるとなると、ほぼ同じ機能と言ってもいいClassiは不要になると思われます。

 

東京都としては、ClassiからOffice365へ切り替えるという方針だということではないでしょうか。

 

この記事の関連情報

都立中高一貫校のオンライン授業活用状況 白鴎 桜修館はスタディサプリ!三鷹はClassiを活用! - 都立中高一貫校のはてなブログ

 

広告

 

 

広告

プライバシーポリシー お問い合わせ