都立中高一貫校のはてなブログ

このブログは都立中高一貫校の受検にまつわる「?はてな」について語るブログです。受検・入試情報、塾、勉強法、適性検査、学校偏差値、都立中の様子等をご紹介します。2019年に都立中高一貫校に合格しました。

広告

都立立川国際中附属小学校の募集人数、出願日程、適性検査、通学区域

令和4年度から開校する東京都立立川国際中等教育学校附属小学校の小学一年生入学者決定に関する実施要綱(入試情報)が発表されましたので、お知らせします。

 

都立初の小中高一貫校がついに誕生です。

募集人数や適性検査の内容など気になるポイントをまとめています。

 

f:id:tetsutylor:20210527212832j:plain

目次

立川国際附属小学校 募集人数

東京都立立川国際中等教育学校附属小学校の1期生の募集人数は、男女合計で70名と正式に発表されました。

 

一般募集での人数が、男子で29名、女子で29名の合計58名。

 

海外帰国・在京外国人児童の募集人数が、男子で6名、女子が6名の合計12名です。

 

クラスは2クラスになるとのことです。

 

2019年時点で概要が発表されていた当時は、募集人数は男女ともに40名の合計80名となっていましたが、最終的に10名減となったようです。

これはやはりコロナによるオンライン授業対応が迫られたことが影響しているのではないかと推測します。

 

立川国際附属小学校 一般募集の出願日程と内容

出願受付期間:令和3年10月18日(月)から10月25日(月)まで

 

検査実施日:

第1次(抽選)及び発表 令和3年11月14日(日)

「受検者が一定の人数を超えた場合」に抽選となりますが、ほぼ確実に実施することになるでしょう。

 

第2次(適性検査) 令和3年11月28日(日)
発表 令和3年12月4日(土)


第3次(抽選)及び発表 令和3年12月4日(土)

※第2次通過者を対象に第3次(抽選)を実施し、合格者を決定する。

広告

 

 

 

立川国際附属小学校 適性検査の内容

こちらの記事で適性検査の問題、対策のポイントについて調べてみました。

 

適性検査は筆記テスト、インタビュー、運動遊びの3つの課題があります。

 

こちらも2019年当時の発表では、集団活動という課題があったのですが、どうやらコロナ感染拡大を懸念して接触を伴う課題は除外したようですね。

 

筆記試験の例題など、適性検査の詳細については以下の記事にまとめてありますのでよろしければ参考にしてください。

 

www.tetsutyler.com

 

立川国際附属小学校 通学区域

新宿区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区

八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、瑞穂町、日の出町 以上

広告

プライバシーポリシー お問い合わせ