都立中高一貫校のはてなブログ

このブログは、ごく普通のサラリーマンが子どもの都立中高一貫校の受検にまつわる「?はてな」について語るブログです。2019年に都立中高一貫校に合格しました。

広告

2020年都立中高一貫校データ一覧!偏差値 倍率 適性検査 報告書 配点 大学合格実績

九段中を含む都立中高一貫校11校の入試について、偏差値、募集定員、倍率、適性検査問題、配点、報告書点、国公立大学合格実績のデータをまとめてみました。

 

データは2020年の最新のものに更新しています。  

 

f:id:tetsutylor:20200222204016p:plain

目次

 

 

2020年 都立中高一貫校 偏差値

学校名 男子 女子
小石川 66 66
白鴎 57 59
両国 60 62
桜修館 60 62
富士 57 59
大泉 60 60
南多摩 58 60
立川国際 57 59
武蔵 61 64
三鷹 58 58
九段 58 60

※四谷大塚の80偏差値を参考

 

ランキング順にいくと、1位は男女ともに小石川、2位は男女ともに武蔵、3位は男子が両国、桜修館、大泉で、女子は両国、桜修館となっています。

偏差値60を越えている学校が男子で5校、女子で7校あります。

 

 

2020年 都立中高一貫校 受験倍率一覧 

学校名 募集定員 受検者数 受検倍率
男子 女子 男子 女子 男子 女子
小石川 80 77 157 403 398 801 5.04 5.17 5.10
白鴎 67 66 133 362 484 846 5.40 7.33 6.36
両国 60 60 120 378 433 811 6.30 7.22 6.76
桜修館 80 80 160 375 541 916 4.69 6.76 5.73
富士 60 60 120 302 310 612 5.03 5.17 5.10
大泉 60 60 120 295 387 682 4.92 6.45 5.68
南多摩 80 80 160 394 458 852 4.93 5.73 5.33
立川国際 65 65 130 239 389 628 3.68 5.98 4.83
武蔵 60 60 120 230 262 492 3.83 4.37 4.10
三鷹 80 80 160 442 468 910 5.53 5.85 5.69
九段 40 40 80 220 291 541 5.50 7.28 6.39
 合計 732 728 1,460 3,640 4,421 8,091 4.97 6.07 5.54

 ※九段については区外在住Bの数字で計算

 

1位は男子が両国で、女子は白鴎。2位は男子が三鷹、女子は九段。3位は男子が九段で、女子は両国となっています。

全体でも倍率は5倍以上という高い競争率になっています。

 

 

広告

 

 

2020年 都立中高一貫校 適性検査問題 

学校名 適性Ⅰ 適性Ⅱ 適性Ⅲ
大問1 大問2 大問3
小石川 共通 共通 独自 共通 独自
白鴎 独自 共通 共通 共通 独自
両国 共通 共通 共通 共通 独自
桜修館 独自 独自 共通 共通
富士 共通 共通 共通 共通 独自
大泉 共通 共通 共通 共通 独自
南多摩 独自 共通 共通 共通
立川国際 独自 共通 共通 共通
武蔵 共通 共通 独自 共通 独自
三鷹 独自 独自 共通 共通
九段 独自 独自 独自 独自 独自

 

適性検査Ⅰで独自問題を採用しているのが約半数となる6校。適性検査Ⅱのいずれかの大問で独自問題を採用しているのは5校。そして適性検査Ⅲを採用しているのが7校となります。

 

2020年 都立中高一貫校 入試配点

学校名 適性Ⅰ 適性Ⅱ 適性Ⅲ 報告書 合計
小石川 200 200 200 200 800
白鴎 300 300 200 200 1000
両国 300 200 300 200 1000
桜修館 200 500 - 300 1000
富士 200 400 300 200 1100
大泉 200 300 300 200 1000
南多摩 267 533 - 200 1000
立川国際 300 500 - 200 1000
武蔵 400 400 400 400 1600
三鷹 300 500 - 200 1000
九段 200 300 300 200 1000

 

適性検査の配点は三鷹と立川国際が同じである以外、残りの9校は全て配点が違っています。

また、適性検査の配点と報告書の配点の割合は、概ね7~8:2~3といった感じです。

 

 

広告

 

 

 

2020年 都立中高一貫校 国公立大学合格実績

学校名 東大 京大 一橋 千葉 筑波

学部

国公立大

全体

小石川 16 9 5 7 5 8 92
白鴎 3 0 3 5 0 0 49
両国 5 0 4 14 8 77
桜修館 7 2 5 3 0 0 63
富士 3 0 0 4 2 45
大泉 0 0 6 0 0 43
南多摩 1 0 3 2 2 5 63
立川国際 2 1 1 2 3 49
武蔵 4 4 5 2 4 6 93
三鷹 4 1 3 1 3 47
九段 2 1 2 2 5 40

 ※医学部については分かる範囲での数字なので正確ではありません。

 

東大の合格者数1位は小石川、2位は桜修館、3位は両国となっています。

国公立大学全体での合格者数は、小石川が1位、武蔵が2位、両国が3位となっています。

 

 

この記事の関連情報

都立中高一貫校の偏差値ランキング 男女別 2019年・2020年予測 - 都立中高一貫校のはてなブログ

 

都立中高一貫校11校の報告書(内申点)の比較|九段・小石川・桜修館は特に注意! - 都立中高一貫校のはてなブログ

 

<都立中高一貫校マップ>11校の住所一覧・最寄駅・アクセス・地図・場所 - 都立中高一貫校のはてなブログ

 

90名!2020年都立中受検 繰上げ合格者数 入学辞退者学校別の数字を公開! - 都立中高一貫校のはてなブログ

 

<2019年速報>都立中高一貫校の大学合格実績!東大・京大・難関国公立大の進学実績は? - 都立中高一貫校のはてなブログ

 

都立中受検の合格ライン 最低ラインの目安を検証してみた。適性検査と内申点の割合は? - 都立中高一貫校のはてなブログ

 

広告

 

 

広告

プライバシーポリシー お問い合わせ