都立中高一貫校のはてなブログ

このブログは都立中高一貫校の受検にまつわる「?はてな」について語るブログです。受検・入試情報、塾、勉強法、適性検査、学校偏差値、都立中の様子等をご紹介します。2019年に都立中高一貫校に合格しました。

広告

<2022年受検版>都立大泉 入試データ一覧 教育目標・倍率・適性検査・スケジュール・内申点・大学合格実績・強い塾

2022年(令和4年度)東京都の公立中高一貫校、東京都立大泉高等学校附属中学校の学校情報、教育活動の特徴、入試データ、適性検査の内容、内申点について調べてみました。

 

f:id:tetsutylor:20210814160814p:plain

 

目次

 

都立大泉の学校情報

基本情報

住所

〒178-0063  東京都練馬区東大泉5-3-1

電話 03-3924-0318
アクセス
  • 大泉学園駅(西武池袋線)南口から徒歩約8分
沿革 前身の東京府立第二十中学校は昭和16年創立
生徒数 前期(中学):359名 後期(高校):589名

 

2010年に大泉高等学校が中学校を設立して中高一貫化しました。

これまでは中学校併設型として、高校からの募集を行っていましたが、2021年からは高校募集を停止し、中学のみの募集となっています。

 

偏差値

都立大泉の偏差値は、首都圏模試によると、だいたい60の半ばくらい、他の模試でも60~65くらいになっていることが多いです。

偏差値はその時によって変化するので一概には言えませんが、目安としてお考え下さい。

都立中高一貫校の中では、ちょうど真ん中くらいの偏差値帯となっています。

 

過去6年間の国公立大学合格実績

年度 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年
東京大学     6     6     0     2     6     1
京都大学     0     1     0     0     4     2
一橋大学     1     4     6     1     3     0
東京工業大学     6     1     2     0     2     2
その他国公立大    46    37    33    42    46     29
国公立大合計    59    49    41    45      61     34

 

集計した数字には既卒生を含んでいますのでご注意ください。

 

この6年間で国公立大学への合格者数は右肩あがりで増加しています。

難関国公立大学(東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学)の合格者数も10名以上で横ばいとなりつつあり、都立中高一貫校の中でも躍進している印象です。

 

都立大泉の1学年で約200名の生徒数なので、単純計算で生徒の20%~30%は国公立大学へ進学しており、さらに3%~5%は難関国立大学へ進学しているということになります。

 

2021・2020・2019・2018年 都立中高一貫校の東大合格率推移

 

広告

 

都立大泉の教育目標

教育方針

「自主・自律・創造 探求の大泉」という教育方針で、課題を自ら発見し、様々な価値観との出会いを通して得た多元的な視点でものごとを見極め、解決に向けて協働し、社会に発信できる人材を育成するとしています。

 

創造力の具体的な内容として、「思考力・判断力・表現力」と「学びに向かう力と志」と「知識技能」の3つの力を育成する、としています。

  

特徴的な教育活動

 ①  「探究と創造」を実施している。
6年間の教育課程のメリットを最大限に活用する。
英語・数学など主要教科に少人数授業を実施し、きめ細かい指導を展開。
部活動や学校行事において、中高が協力・連携して実施している。
土曜授業、課題発掘セミナー、補習、演習等、幅広い教育活動を実施

 

大泉の教育活動は、6年間を通じた「探求と創造」という活動を通して行われることになっています。

 

 

6年間を、中学3年間、高校の2年間、最終学年の高校3年の1年間、という3つのタームに分け、「ベースプログラム:探求の基礎固め」「コアプログラム:創造力の育成」「アドバンスドプログラム:価値創造の実践」に取り組むという教育プログラムです。

 

これによって大泉では、に国際社会で新しい価値を主体的に生み出せる人材の育成を目指しているということですね。

 

東京都立大泉高等学校附属中学校

 

広告

 

 

都立大泉の入試データ

募集人員

年度

2015

2016

2017

2018

2019

2020

2021

60

60

60

60

60

 60

60 

60

60

60

60

60

 60

60 

120

120

120

120

120

120

120

 

応募者数

年度 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021
388 383 362 426 375  306  336
507 494 447 426 394  405  377 
895 877 809 852 769  711  713

 

受検者数

年度 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021
374 368 354 413 361  295  325
488 471 429 403 369  387  359
862 839

 783

816 730  682  684

 

合格者数

年度

2015

2016

2017

2018

2019

2020

2021

60

60

60

60

60

 60

60 

60

60

60

60

60

 60

60 

120

120

120

120

120

120

120

 

受検倍率

年度 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021
6.23 6.13 5.9 6.88 6.02 4.92 5.42
8.13 7.85 7.15 6.72 6.15 6.45 5.98
7.18 6.99 6.53 6.8 6.08 5.68 5.7

  

7年間で受検倍率は右肩下がりを続けていますが、それでも約6倍は高い数字です。

 

大泉は、2022年から高校募集を停止することに伴い、中学の募集人員を増加させるはずですので、倍率の低下が続くと予想されます。

 

 

2021年都立中高一貫校の一般募集受検倍率一覧 昨年比較表 男女別 学校別

 

広告

 

 

都立大泉の適性検査

適性検査スケジュール

出願受付 1月12日~1月18日
適性検査日 2月3日
合格発表 2月9日 午前9時から

 

 適性検査の時間割

集合時間 午前 8時30分    時間
適性検査Ⅰ 午前 9時00分~午前 9時45分    45分
休憩 午前9時45分~午前10時25分   40分
適性検査Ⅱ 午前10時25分~午前11時10分   45分
休憩 午前11時10分~午前11時50分   40分
適性検査Ⅲ 午前11時50分~午後 0時35分   45分

 

適性検査の特徴

適性 問題 出題の傾向
 Ⅰ  共通

都立中高一貫校10校共通の問題が出題されます。文章読解と作文の組み合わせです。

 Ⅱ  共通 都立中高一貫校10校共通の問題が出題されます。
 Ⅲ  独自 大泉独自の問題です。大問が2問です。

適性検査は2月3日に一斉開催なので、都立中同士の併願はできません。

適性検査Ⅲの独自作成問題は解答時間は45分です。

 

2021年(令和3年)都立大泉中の適性検査の問題、解答、出題方針、解説をまとめ公開!

 

 

広告

 

 

都立大泉の内申点

適性検査と内申点の割合

得点 適性検査Ⅰ 適性検査Ⅱ 適性検査Ⅲ 内申点 合計点
  素点 100点 100点 100点 540点  ー
換算点 200点 200点 300点 300点 1000点

 

内申点(報告書)の計算方法

教科 5年内申点 6年内申点
3(優) 2(良) 1(可) 3(優) 2(良) 1(可)
国語   30   20    5   30   20    5
社会   30   20    5   30   20    5
算数   30   20    5   30   20    5
理科   30   20    5   30   20    5
音楽   30   20    5   30   20    5
図工   30   20    5   30   20    5
家庭   30   20    5   30   20    5
体育   30   20    5   30   20    5
英語   30   20    5   30   20    5
合計    270    270
満点

        540

 

国語、算数、理科、社会の主要4教科だけでなく副教科についても、4教科と変わらない得点なので、すべての教科を疎かにしないように注意した方がよさそうです。

 

適性検査全体に占める内申点の割合が、以前と比べると高くなり、30%となりました。

これは都立中高一貫校の中では最も高い割合です。

内申点の割合が高くなった分、適性検査Ⅱの割合は低くなりました。

 

都立中高一貫校11校の報告書(内申点)の比較|九段・小石川・桜修館は特に注意!

 

都立大泉に強い塾

都立大泉中に合格者を最も多く出している塾は、enaで、約7割にもおよびます。

このデータからすると、受検塾としてはenaが選択肢の筆頭になってくるのではないでしょうか。

 

都立中高一貫校の塾はenaで決まりなのか。2021年合格者数比較表から考える。

 

 

広告

 

広告

プライバシーポリシー お問い合わせ